書き込みやマーカー線入りの教科書でも売ることができる



勉強熱心な学生の教科書ほど、書込みが入っていたりマーカー線がぎっしりなんてことも少なくはありません。

ノートに写し取るよりも教科書に直接書き込んだ方が、勉強の効率が良いからそうしているのです。

ただ、教科書や参考書を使い終わって「さあ処分しよう」となった時に、名前や文字の書き込みがあると買い取ってもらえないことがほとんどなのですよね。

後から知って、愕然とした方も少なくはないはずです。

しかしそんな教科書でも、教科書買取専門の業者であれば高値で引き取ってくれる可能性があるということ、ご存知でしょうか?




書き込みのある教科書でも一部の人には需要がある



どの古本屋も引き取ってくれなかったのに、名前や書き込みが入った教科書、本当に買い取ってくれるの?なんて疑問をお持ちの方もおられるかもしれません。

が、教科書や参考書の専門買取業者に限っては、そういったものでも引き取ってくれることが多いです。

特に大学関係の参考書などは、過去のものであっても現役で使えるものは多く、高値で買い取ってくれることは少なくありません。



教科書が使いづらくなるくらい汚れているのなら、また話は違ってきますが、名前が入っていても書込みがあったとしても、ニーズがあるものにはあります。

実際、書込みが入っていたり、名前を消したと思われるような跡がある教科書は、ネットや専門店などでよく売られていますし、通常よりも価格が安いため人気があります。

書き込んでしまっているから…と捨ててしまわないでください。




売るなら、まとめて買い取ってもらうのがお得



もし教科書を買い取ってもらうのなら、ある程度冊数をまとめた方がお得です。

なぜかというと買取業者にもよりますが、ある程度まとまった冊数だと送料を負担してくれるところが多いからです。

本はまとめると相当重いですし、かさばります。
宅急便をよく送る方なら分かると思いますが、本を何十冊も送るとなると数千円はかかります。

いくらで売れるかわからないものを送るのに、高い送料がかかってしまうのは怖いですし、ある程度の額で教科書が売れたとしても手元に残るお金が減ってしまいます。




例えば、売りたい教科書が2〜3冊しかないのなら、あきらめてその辺の古本屋に売りに行った方が良いかもしれません。

一方で、最低でも5冊以上売る本があるのなら、業者に本を送る価値はあるといえるでしょう。

送料無料となる冊数は業者によってまちまちで、5冊から送料無料にしてくれるところもあれば、買取商品の数が20点以上で送料無料というところもあるなど、結構幅があります。

本を買取に出す場合は、そういった点にも注意しましょう。