小学校・中学校・高校受験で利用した参考書や問題集は売れない?



大学受験の教科書や参考書買取はよく耳にしますが、小学校や中学校、高校受験の参考書や問題集の買取に関してはあまり聞きません。

なので、用が済んだら捨ててしまわれる方が大半なのではないでしょうか?

しかし数は少ないですが、小学校や中学校、高校受験に関する教材を買い取ってくれる業者は存在します。

金額がつくかどうかはさておき、受験に使用した教材が手元にあるというのなら、査定に出してみてはいかがでしょうか?




小学校受験・中学校受験・高校受験の教材を買い取ってくれる業者は?



大学受験関連の教材をはじめ、小学校受験や中学校受験、高校受験に関する教材の査定を行っている業者は、学参ブックスです。

どのような教材でも買い取ってくれるわけではなく、詳しくは公式サイトの取扱商品を確認していただきたいのですが、小学校受験や中学校受験、高校受験に関する参考書や問題集をはじめ、塾テキスト等も買い取り対象となっています。

ものにもよりますが、塾の教材って結構高いですし数も多いです。

そういったものをきちんと管理されていたのであれば、テキストなども含めて沢山あるでしょうから、中には買取に出せるものもあるはずです。



ちなみに学参ブックスは、買取できる商品を20点以上まとめて送る場合に送料が無料となります。(佐川急便の着払い)

なので、査定に出せる教材の数が多いのなら、高額な値段がつかなかったとしても無駄にはなりませんし、全く値段がつかなかった教材に関しては業者の方で処分してもらえますから、手間が余分にかかってしまうこともありません。

ただし値段がつかなかった本を返品してもらう場合、ユーザー側の送料負担となってしまいますので注意が必要です。




中学生むけの受験参考書 買取事例



売れるのはわかったけれど、どの程度の価格で売れるの?なんて疑問をお持ちの方もおられますよね。

買取点数が多いのなら送料はかかりませんが、それでも教材をダンボールに箱詰めする手間がかかります。大した額で売れないのら、やめておこうかな…となりますよね。

学参ブックスでの買取事例としては、過去に中学生向けの高校受験に関する参考書や月刊誌、塾教材などあわせて約40冊ほどが、約6000円という価格で買い取られているようです。

こういった参考書や教材は、一般的な古本屋では買い取ってくれない(値段がつかない)ことを考えると、相当高額な査定だといえるのではないでしょうか。



余談ですが管理人の実家にも過去、中学受験、高校受験の時に使用した参考書や塾教材が沢山あったのですが、買い取ってくれるかもしれないなんてことは全く知らなかったため、すぐに捨てていた記憶があります。

数が多いため、いつまでも置いていると邪魔なんですよね。中学や高校で新たに購入する教科書や参考書もありますし。

しかし今思うと、捨てるなんてもったいないことをしたと思います。

もちろん、送った教材が必ずしも高額査定となるとは限りませんが、それでもお金になるものがあれば儲けものです。捨てれば一銭にもならないものなのですから。

もし受験教材が沢山残っているというのなら、業者への査定を検討してみることをおすすめします。