教科書・参考書の買取 査定額をアップさせるための秘訣をまとめてみました



一般的な古本屋では、教科書や参考書類は買い取ってもらえないか、買い取ってもらえても高くは売れません。

しかし教科書専門の買取業者を利用すれば、そういった本類も比較的高く売れます。

ただ、本の査定額って本の状態によって大きく変わります。
同じ本でも高く売れる場合もあれば、本の状態が悪ければ安く買い取られる可能性もあるんです。

どうせ売るのなら、できるだけ高く売りたいですよね?

というわけで今回は、買取業者に教科書や参考書を売る場合に、できるだけ高く査定してもらうための具体的な方法についてお話しします。




教科書・参考書を売る場合は、専門の買取業者を選ぶこと

高く買い取ってもらう方法について説明する前に、教科書買取の専門業者について念のために説明しておきたいと思います。



冒頭でも述べたとおり、一般的な古本屋では教科書や参考書はなかなか引き取ってもらえません。引き取ってもらえたとしても、ゴミ同然の査定額となることも少なくはないのですよね。

しかし教科書専門の買取業者であれば、本に書き込みやマーカー線が入っていたとしても、買い取ってくれるところもありますし、びっくりするくらい高額査定となることもあります。

教科書や参考書類を売るのなら、以下で取り上げているような専門の買取業者を必ず選ぶようにしましょう。

参考: 教科書買取業者のおすすめと その特徴について




教科書・参考書を出来るだけ高く売るには



同じ本であっても、本の状態によって買取の査定額は大きく変わってきます。

それは当たり前のことで、買い取られた本は業者によって再び販売されるのですから、できるだけきれいな本の方が高く買い取ってもらえるに決まっています。

教科書類を売る際、できるだけ査定額をアップさせたいのなら、以下の点に気を付けるようにしましょう。




本の間に挟んだ付箋ははがしておく


後から目的のページを探しやすいよう、教科書の間に付箋を貼りつける人は多いと思いますが、本を買取サービスに出す場合は全て剥がしておきましょう。

付箋がついているからといって本自体の価値がさがるわけではありませんが、業者側で付箋を剥がす手間が発生します。

まだ冊数が少ないのなら大した手間ではありませんが、本の数が多ければ多いほどその手間もバカにならない量になってきます。

手間がかかる分、査定額が低くなる…なんてこともないとはいえないため、付箋は事前にはがしておくようにしましょう。




消せる書き込みや名前は消しておく


業者によっては、本やテキストに書き込みがあっても買取OKとしているところはありますが、そうではあっても書き込みがあるのとないのとでは、高い確率で書き込みの少ない本の方が査定額は高くなります。

鉛筆などで書かれた消せる書き込みは、できるだけ消しゴムで消しておくようにしましょう。

また裏表紙に記入している名前なども、除光液で消せるタイプのものは消しておくことをおすすめします。




本の付属品はなるべく揃えて送る


教科書や参考書の中には、CDやDVD、テキスト類が付属しているものも多く存在します。

本のみを送るよりも、付属品を揃えて送った方が査定額が高くなりやすいため、できるかぎりセットで送るようにしましょう。

送る際、バラバラに段ボールに詰めるのではなく、どの本と付属品がセットであるのかを業者が一目見てわかるようにしておくと査定作業がスムーズにすすみます。

査定がスムーズだと業者の手間が省けるため、査定額アップとなることがあります。




教科書・参考書類はできるだけまとめて送ろう

買い取ってもらう教科書や参考書類は、できるだけきれいな状態に近づけておくと共に、送付冊数が多くなるようにまとめると査定額が高くなりやすいです。



ほとんどの業者は「○冊以上の送付で送料無料」といったルールを設けているため、まとめた方が送料がかからず、ユーザーの負担は少なくなります。

また業者側にとっても、まとめて送ってもらった方が本の在庫管理がしやすくなるというメリットがあるため、冊数は多い方が歓迎される傾向にあるんです。

送付冊数が多ければ査定額アップにもつながりやすいため、バラバラと気まぐれに送るのではなく、できるだけまとめて送るようにしましょう。