コンピューターやプログラミング系の専門書・参考書を高く売るには?



コンピューターやプログラミングなど、IT系の書籍をよく買う方ならご存知だと思いますが、IT書籍は内容が古くなりやすいため、買取にだしても査定額が低いことがほとんどです。

人気の書籍ならばまだしも、技術系の専門書においては廃れるのがはやく、驚くくらい安く買い取られることもあります。

一般的な古本屋だと、タダ同然の価格で買い取られることも。

せっかく高いお金を出して買った書籍ですから、高額買取…とまではいかなくとも、できるだけ高く売る方法はないのでしょうか?




専門書・参考書を専門とする買取業者に査定依頼する



もしコンピューターの専門書籍や、プログラミング関連の参考書で不要なものがあるのなら、そういった専門書籍を買い取ってくれる業者に査定を依頼しましょう。

間違っても、一般的な古本屋に持って行ってはいけません。

古本屋に持って行ったとして買い取ってくれるとは思いますが、ものすごく安い価格で買い取られることがほとんど。

IT系の専門書籍って結構高いものもありますが、そういった書籍でも新しいものでなければ安く買い取られてしまいます。(経験あり)



IT系の専門書籍を売りたいのなら、以下のような買取業者がおすすめです。本の種類によっては比較的高額な査定をしてもらえます。

あまりに古すぎる本、状態の悪いほんだと値段がつかないこともありますが、一般的な古本屋に出すよりは高く売れるはずです。

【専門書アカデミー】

専門書アカデミーは、大学教科書や参考書、医学書、資格教材、専門書の買取業者です。

・10冊以上で送料無料(ヤマト便、ゆうパック、佐川急便)
・配送用段ボールは10箱まで無料
・現在、常に査定額が20%UP






IT系の専門書籍って例えばどんな本?



IT系の専門書籍…と言ってもいろいろあります。

コンピューターや言語関係の書籍もあれば、中にはエッセイや漫画のような本もあったりと、本当にさまざま。

どういった本を送れば良いのか、迷いますよね。



今回ご紹介している「専門書アカデミー」は、教科書や専門書、参考書などを専門に買い取る業者です。

IT系の書籍なら、パソコンやネット関係の参考書をはじめ、HTMLやJavaScriptのようなWeb制作関連書籍、またコンピューターやプログラミングの言語についての専門書などを買い取ってもらえます。(※IT関連の書籍であっても、単なるエッセイのようなものは該当しないと思われるため、要確認)

送付に関しては、送る本が10冊以上であれば送料は無料、ダンボールが手元にないのなら無料で送ってもらえるため、利用しやすいはずです。




本当に高価買取してもらえるの?

一般的な古本屋では大した値段がつかないIT書籍をなぜ、専門買取業者では高く買い取ってもらえるのかと疑問をお持ちの方もおられると思います。



通常の古本屋が扱う書籍のジャンルは、当然ながら多岐にわたります。

そういったお店は、一度に様々な本を売ることができるという点で便利ではあるのですが、特定のジャンルの専門知識を持っているスタッフが査定してくれるとは限りません。

本当なら希少なはずの本なのに、その本の価値を分かってもらえない可能性が高いのです。

また価値云々ではなく、書籍のジャンルや発売時期、状態などで画一的に価格を決めてしまう古本屋もあるため、そういったところでは高額査定はまず望めません。



しかし専門書や参考書専門の買取業者では、専門知識を持ったスタッフが査定にあたります。

この本は古いけれど価値がある、需要がある、またこの本は人気が高い…などという判断が容易につくため、通常の古本屋よりも高い査定額となりやすいのです。

もちろん古いよりは新しい方が、また汚れや使用感はできるだけ少ない方が高く買い取ってもらいやすく、本の状態が悪ければ値段がつかない可能性もあります。

しかし一般的な古本屋に出すよりは、高額査定を期待できるはずです。

不要なIT系の書籍が手元にあるのなら、専門の買取業者に査定を依頼してみる価値は十分にあるでしょう。